その6  今年の初釣行(2002年2月 千曲川)
      釣り場にて   
 正東、合わせて2秒でバラした後に、フックを研ぎ始める。(順序が逆である)

 徳2号「それは、木の枝だったんじゃない?」
           
 正東   「枝が、首振るかい?」
                   
 徳2号 「この川の木の枝は、首振るんだい!!」(&%$#<+)


     車内にて  
 二人ともトイレ休憩の為、サ−ビスエリアに入る。

 方向オンチな徳2号、何を思ったのか出て行く車の後に付いてそのまま出てしまった。

  「ココはどこ?アタシはだれ?」

はちきれそうな膀胱を抱えて、正東が叫ぶ!

    「僕が彼女だったら、絶対別れてやる!」