6月上旬〜6月下旬 大石川
 絶対に残して欲しい美渓
 下流部は芦に囲まれたエンテイの連続で、八ヶ岳、伊豆の渓流に見られる典型的な渓相。充分な放流が行き届いた名釣り場である。今回私が紹介するフィ−ルドはその上流で、水無川出合を更に上流へ上ってエンテイ左岸を高巻いてから始まる。
 苔むした岩に清冽な流れと深い谷、広葉樹林の美しい大石川上流域は日本庭園のようである。じっくりと自然に浸って欲しい。イワナは全て美しい天然物で22p〜24pがアベレ−ジサイズ。28p〜尺も釣ってはいないが目撃している。釣り場は長く、美しい流れはどこまでも続く。釣りを終えて適当に道路に上がろうとしたら、谷が想像以上に深いので大変な目に遭う。谷が深く、自然環境の優れた点は八ヶ岳の川俣川と肩を並べられるが、川俣川に比べてこちらの方が渓が明るい。環境汚染によって千曲川支流の黒沢川、矢出川、千曲川本流上流の一部がドブ川と化した今、絶対に残して欲しい美渓である。
 
下降点を徹底的に下調べする必要  
 釣りの目安としては、白骨化したカモシカの死骸がある場所か、更にその上流、足場が高くなり崖から細く深い流れを見下ろす場所までで釣り終えた場合は、そのまま水無川出合まで川沿いに戻った方が良い。途中で道路へ上がろうとしようものなら、ヘツリながら一山越すほどの労力を使うことになる。更に上流まで釣り上る場合は、とことん詰めた方が谷は浅くなる。河原でビ−バ−グして狙って見たいとも考えている。一度道路から下降点を徹底的に下調べする必要がある。核心部を短時間に釣ることが出来るはずだ。最上流部は八千穂自然園となり、イワナは永久禁漁。超大型が育っていると聞く。私も家族で遊びに行って、滝登りしている良型を数尾見ている。この環境が素晴らしい流れを守ってくれている。更に上った白駒池も原生林と自然美に囲まれた静寂な池で、イワナが生息すると言う。ここも禁漁のはずだが、ボ−トを漕ぎながら澄んだ水底を覗いていると、ピカピカと光る物が沈んでいた。ルア−だった。
 大石川の核心部は中間点の左岸に幅のある美しい滝の落ちる辺りでは無いだろうか。前記した最初の入渓点であるエンテイを越えた付近も大物がいて見逃せない。それと前記した「足場が高くなり崖から細く深い流れを見下ろす場所」はいつも尺級の大物が着いている。川まで2.5メ−トル位有るので魚が掛かっても岸に上げるのは難しい。それと足下が深くえぐれているので、崩れた場合に備えて、体にロ−プを巻いて木に縛って釣りをするとか・・・。手っ取り早いのは無理してでも下から川に沿ってそのポイントに到達することだ。姿勢を低くして・・・それだけの価値のあるポイントだから。
八千穂自然園の魚止ノ滝
白駒池