9月全般 川俣川
 初めて川俣川に入渓したのは台風の通りすぎた翌日だった。
 以前からフライの師匠である清里の喫茶モスバックのマスタ−林 勝美さんから、良い釣り場だと聞かされていた。でもその頃の私は、大門川や千曲川支流の西川に夢中であったし、入ろうとした時には遊歩道が崩れていたりで、なかなか縁が無かった。釣りの情報誌では険しい割には小型のイワナと書かれていたので、そういった先入観もあったと思う。
 9月も下旬で、その年の最後の釣りが台風のおかげで出来ないまま帰るのはごめんだとばかりに、濁りの薄れている川を必死に探し回った。千曲川は濁流がすべての岩をのみこんでいたし、普段めったに濁らない大門川でさえカフェラテ状態。東沢大橋からのぞいた川俣川だけが何事も無かったように綺麗に澄んでいたのには驚いた。清泉寮の近くの遊歩道から川に向かった。遊歩道とは名ばかりで、台風の後と言うこともあって、急な沢下りのようだった。
 第一投目からアタック、こんな釣りは2度と無いかも
 入渓点となった橋下の淵で相棒の支度を待つのと同時に、一息入れるような軽い気持でフライを流すと、いきなり25p級のイワナが渕尻でアタックしてきたので慌てた。今日はチャンス!と思い無駄にしないように丁寧な釣りをした。遊歩道を橋2つ下った所から釣り上って最初の入渓点までわずか数百メ−トルの距離だったが、午前10時から真っ暗になる7時過ぎまで腹が空いているのも我慢して、釣りに没頭してしまった。ポイント毎にボッコンボッコンとフライに頭をぶつけながら突進してくると言った感じで、釣りをしながらも、「こんな釣りは2度と無いかも知れない」と独りつぶやいていた。一緒に釣りをした呉の存在を思い出したのは、ラスト前の31pのイワナの取り込みに手こずっていた時で、彼もそれまでは私を忘れてイワナに夢中だったようだ。最後の1尾と決めてすぐ上のポイントで24pを釣り上げた頃には辺りは真っ暗で、懐中電灯も持たず、わずかな月明かりだけをたよりに長くて急な遊歩道を這うように上っていった。尺上を頭に18pから26pを爆釣!23pクラスが最も多かった。大小様々と言うのがいかにも自然で嬉しい。
 秘密の道
 それから川俣川には良く出掛けた。夏には家族で東沢大橋から牧場沿いの道を1時間以上歩き、登山道のある源流に入って釣りをした。さすがにここまで入るとイワナは小型ばかりだが、魚影は濃く、うちのチビにもフライで容易に釣れたし、滅多に釣りに参加しようとしないうちのかみさんまで、ロッドを握っていた。ロッドにアキアカネが止まり、バッタを追いかけて遊ぶ牧場沿いの帰り道も楽しかった。
 翌年の夏休みにも清里に行き、モスバックで食事をして、また源流へ行こうか迷っていると、マスタ−が源流へ自動車で抜ける秘密の道があることを教えてくれた。知らずに歩こうとしている私達を気の毒に思ったようだ。道は思ったよりもダ−トだが15分もかからず、源流に到着した。この時は、以前全く魚影を感じなかった、登山道横のエンテイ下に中小型のイワナが沢山見えて、フライにもアタックしてきた。少し下流の淵では良型のライズも見られた。楽に入渓してバチが当たったのか、このときは1尾しか釣れなかった。
                 
              源流に向かう牧場沿いの道                                     源流では小イワナが入れ食い

 やはり秋の川
 翌年にはH.O.Gのメンバ−で川俣川に入った。秘密の道の途中で車を止めて、左に降りて行き結構歩いてから入渓点を見つけて降りた。赤い東沢大橋が100メ−トル下に見えていた。5月で少し寒くあまり川のコンディションが良くなかったのか、22pのイワナを#20パラシュ−トで私が1尾釣っただけで終わった。この年の秋には下流の吐龍ノ滝から3人で入り、20p前後がそこそこ釣れた。一緒に釣り上った山梨のお兄さんが#14カディスで27pの良型を上げた。清泉寮下まで釣りのぼり、吐龍ノ滝下の駐車場まで戻ったが、寝不足のせいか清泉寮の遊歩道を上り下りするのと同じぐらい疲れた。
 少し前に野呂川の奥で、スレたヤマメのように賢くなったイワナに手を焼いただけに、この時期これ程素直なイワナと遊べる川はつくづく貴重である。みなさん!秋の大雨の後はこの川俣川の清泉寮下か千曲の金峰山川中流に入れば、きっと良い釣りが出来ます。
岩間のスポットを拾い釣り