2月中旬〜3月初旬  千曲川佐久付近
2月16日から早くも解禁となる長野県千曲川には、ライズ狙いのフライマン達がどっと押し寄せる。殆どは信濃川上付近。午前10時頃から午後2時頃までの間に起きるはずのライズを期待して、じっと待つフライマンの姿を至る所で見かける。だが標高1200メートルの氷の世界では、時には見事に裏切られ、ライズを探して右往左往したあげく、諦めて帰って行くフライマン達も多い。
  長野冬季オリンピックで、日本のジャンプ陣が吹雪の中で大活躍していたその日、私達は同じ吹雪の中で居倉、海ノ口、信濃川上とビーズ玉のようにラインを凍らせながら無駄な大行軍を繰り返し、疲れ果てて大深山の道路にやっと上がった時、地元の人に「ここは夏に来る所だよ!」と笑われた。    風邪を引き少し懲りて、もっと水温が高くて標高の低い2月の釣り場は無いかと探した。
 そしてようやく探した釣り場が、佐久の大石川出合付近の千曲川である。                          標高は信濃川上の半分。 ヤマメが中心でイワナも混ざる。長時間活発なライズ狙いの釣りが出来る。 スレるのも早いので、ウブな魚と遊べるのは、せいぜい3月初旬までだ。
大石川出合付近から見た千曲川
千曲川本流で釣れたイワナとヤマメ