[ライズBest10] 石がヤマメに化けた水無川(会津・田島)

4月中旬午後2時頃、国道よりやや上流の浅瀬で、20cm級のヤマメのライズに出会った。
バシャッ!と全身を露わにした派手なライズで、すかさずキャスト
すると、フライの前後左右で一斉にバシャッ!バシャッ!とライズが起こった。
どれを釣って良いのかオロオロしながらも、気を取り戻してフライを流すと、スーパーライズの割には爆釣とは行かず、ポツポツと釣れた。水面にはこれと言った虫は見当たらない。

落ち着いて考えればライズフォームからして、カディス ピューパーのハッチだったのだろうが、突然の出来事に考える余裕も無く、この時期の定番フライ、ブルウィングオリーブを使った。
それでも機嫌のの良いヤマメ達は、たまにはその色をカディスピューパーと信じて、銜えてくれたのだと思う。

対岸でキャストする友人と、二人で20尾も釣り上げた頃、ピタリとライズが止んだ。時間にして30分位だったと思う。

後でその瀬を渡って驚いた。膝ぐらいまでは有ると思っていた水深が、15cm、足首程である。
踏み潰すほどいたヤマメ達の気配は全く無く、キツネにつままれた気分だ。
石がヤマメに化けていたのだろうか。この釣りの神秘性が、たまらない魅力だ。

カテゴリ

タグ

関連情報

この記事のトラックバックURL

コメント(0)

コメントする

     

トラックバック(0)

検索

プロフィール

プロフィール画像

RSSに登録

最新記事

ブログ記事記事一覧

タグクラウド

キーワードリンク

Photos

  • mizu.gif
  • 6ani.gif
  • niji.gif
  • ururunn.jpg

サイトマップ

おすすめリンク

にほんブログ村 釣りブログへ

◇釣りの検索◇釣りバカサーチ

当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーですので、お気軽にご利用ください。
バナーを使用する際は下記をご利用下さい。
ヤマメ・イワナの宝庫探し

Powered by Movable Type 4.0
Powered by
Movable Type Publishing Platform

2008(C) 焼肉と韓国家庭料理の店ピュアティ,All right reserved.